In LoveGarage DIARY

旦那の熱愛ガレージライフと妻のへっぽこバイク日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTO GP 2015、第18戦 バレンシアGP


最終戦だーーー!ヽ(・∀・)ノ
チャンピオン争いの行方は?

前回ペナルティで最後尾のロッシだが、少なくともロレンソ、ロッシ両者共妥当な順位までは来るとして。
ロッシがチャンピオンの条件は

・ロレンソ優勝でロッシ2位ならロッシ。←さすがに2位無理だろうなー
・ロレンソ2位ならロッシは3位←その場合ホンダ勢が優勝、そうなるともう一台のホンダも上位食い込んでくるだろうし普通に考えたらこれもなさそう。

・ロッシが9位以内←これは普通に有り得る。
で、ロレンソ4位以下←ここ最近の調子だと現実味がないんだよなー。しかもロッシが前にいないなら3位以内はほぼ確実だと思うんだよね・・・。
ここでウェットだったり、ピットインがあったり、誰かがスっ転ぶ展開だったりするとロレンソもわからないけど、コンディションはドライで大番狂わせってなさそうな気配。


さて予選が終わって。
ロレンソが一番グリッド。
あ、調子いいんだ…、これはもうロレンソか…(笑)
続いてマルケス、ペドロサ。←上位に確実にくるようになりましたね、ペドロサ。
そして最後尾からはロッシ。

スタート。
ロッシが左からガーーーー!と追い抜く。
マシンの速度差は確実だけど、スタートの加速も素晴らしかった。


ロレンソが先頭を。
マルケス、ペドロサが一定の距離で追いかける。
もう前3台は安定の走りで、やはりレースの注目は後方のロッシ。

一週目で14位まで浮上。
さて、ここからが大変ですね。
容赦なくガンガン抜いていく~
途中、ペトルッチに立ち塞がれるも(笑)、そのあとも一気に抜いてスズキ エスパルガロやらもパス。
もうスミスに至っては、譲った?って感じに見えたよ・・・
てかあの状態のロッシには絡みたくも絡まれたくもないだろうな…

9位以内には間違えなく来る。


その後もガンガン飛ばし、後半のタイヤが気になるが・・・
そんなそぶりも見せず。

最後の壁ともいえる、ドヴィチオーゾ。

ドウカティを抜くのは大変だろうな・・・なにせ頑張ってコーナーで抜いても直線での差が。
そのわりには、思ったより短時間で抜いたと思いました。


ロッシ4位まで浮上。
しかし、この時点ですでに前3台とは10秒差。

4番手ロッシ、このレースでやるべきことはやった、って感じ。
あと先頭争い次第ですね。


好調なロレンソでしたが。
マルケスが詰めてきた!仕掛ける?仕掛ける?

マルケスが仕掛けてロレンソが転倒しないかハラハラした(笑)
と思ったらマルケスもあまり伸びない。

そうか、マルケス転倒も有り得るのか。
その場合もロッシが自力でこれ以上順位を上げるのは厳しいから、優勝はロレンソなんだけど・・・



ペドロサ来たーーー(゜∀゜)ーーー!!


前2台がイマイチ伸びない間に、マルケスに追い付く。

まってまって。
これ、2台ともロレンソ抜いちゃったらチャンピオンはロッシじゃね?

それか、スピードの乗ってるペドロサのが優勝、+マルケスがスッ転ぶコンボも有り得る(笑)。
現実的にありそうなシチュエーションです。
それだとロレンソ2位・ロッシ3位でチャンピオンはロッシ☆っていうミラクルな結果に・・・。


しかしペドロサがマルケスに並びかかるも、抜ききれず。
そこは譲らないマルケス。

あぅ…ホンダ勢2台で争って遅れてしまった感。
ロレンソと距離がちょっと開く。
あぁぁぁ、どっちか1台でもいいから一度はロレンソに仕掛けて欲しかったなぁ~

追いすがるも、最後はロレンソが突き放してゴール。
マルケス、ペドロサもそのままの順位でゴール。

そしてロッシ。


 ロレンソ、チャンピオンおめでとーーー!!

まぁね、このレースもロレンソ優勝でよかったと思うよ・・・
ここでマルケス優勝とか、それはそれでチャンピオン争いにまた因縁が出てきそうだし。
独走でマルケスに対しても常に前でのクリーンに優勝、そしてロッシも大健闘の4位。


今年のYAMAHAはウハウハですね。

本当に前戦のロッシが悔やまれるぜ・・・あそこはマルケスに譲ったとしても最終戦は・・・うーむ。
まぁ逆にマルケスに転ばされてた可能性もなくもないからなぁ。

結果4位だし、普通にスタートしてても4位だった可能性もある気がするしねぇ、この内容。
まぁロレンソが今回とは違うプレッシャーを受けていてどうなったかはわからない。

・・・ある意味、今回のロレンソのプレッシャーもとんでもなかったでしょうね、

『絶対に転んではいけないけど、できれば優勝、少なくともロッシより前で3位以内』

↑これに加えたらまだ最終戦に2台で直接対決!のがお互い気がラクそう。
しかも自分が追いかける側だったハズ。。。

いろいろモメましたが、全体的に面白いレースが多かったシーズンでした。
今シーズンお疲れ様でした~
スポンサーサイト

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク

東京モーターショー④ MOTO GP編!

我が家の本腰はここからだ。

フレディ―・スペンサーさんのマシン。

スペンサーさん モーターショー2015
なぜ急にここに・・・。
マルケスの記録更新のおかげで、連呼されて名前知ったスペンサーさん。
やはりちょっとカクカク・・・時代を感じる作りですね、こうやって見ると。

リアタイヤのホイール。
スペンサーさんリアタイヤ モーターショー2015
これ、星★型じゃない?可愛い。


そして8耐マシン・・・

これYAMAHAだ!今年の優勝マシンじゃないですかっ。
YAMAHA8耐  モーターショー2015
と盛り上がった夫婦ですが、まったく周りから注目されていない。
人だかりもないし、ステージにすら乗ってないのでじっくりゆっくり近くで見られます。

寂しい、レース業界。

でも見る人によっては大注目みたいですよ・・・。
YAMAHA8耐  モーターショー2015
ほら、見てよ、この喰いつきっ。

で、このYAMAHAのロッシ機と
ロッシ機  モーターショー2015

SUZUKIのビニャーレス機っ。
SUZUKI MOTOマシン  モーターショー2015
以前も跨ってみたスズキさんは、

 わぁ、すごい、MOTO GPマシン、軽いしコンパクト!

と思ったのですが、ヤマハはそう感じなかった。
ガッツリ大型バイクに跨りました!感。
ロッシが乗ってるからか、、、ライディングポジションは背高めなのかな。
見ての通り、ヤマハさんはステップに足はかけてないのでわからないけども。



テーマ:東京モーターショー - ジャンル:車・バイク

東京モーターショー2015③ 参加型。

我が家的な目玉がなかったもので、隅々回っていろいろやってきました。
人ごみに紛れて写真撮ってきただけじゃないんだからねっ。

日野自動車、ダカールラリー連勝中のこれ。
日野レンジャー  モーターショー2015
毎度恒例の展示ではあるのですが、
日野レンジャー コックピット モーターショー2015
運転席に座ってきた。なんかすごかった!
でもやっぱりトラック部門って、目の前すぐフロントガラスで直角で高いじゃないですか。
これで砂漠転がったりしたら怖すぎるし怪我しそう・・・。凄すぎるよ日野。

そして今回も、SUZUKI MOTOGPマシンの
『跨りコーナー』整理券を手に入れ、跨ってきました。
SUZUKI MOTOマシン  モーターショー2015
前回と比べて、
なんと背景がつきました!(笑)
疾走感www
いま、コーナー立ち上がってきたところ。

今年はYAMAHAもロッシ機を展示。
ロッシ機  モーターショー2015

初めて見たのは、『ベアリング組立体験』。
旦那が、「やりたい~」とスルスル寄っていった。
ベアリング組立体験 モーターショー2015
苦戦するかとおもいきや、結構楽しく。
ベアリング組立体験  モーターショー2015
ベアリングって、こうやって出来てるんだー。
お勉強になりました。


やっぱり観るだけじゃなくて何かやるとイベント満喫度高いな。


テーマ:東京モーターショー - ジャンル:車・バイク

東京モーターショー2015② 気になる編。

これが自動運転で走る、最先端技術搭載の車・・・
トヨタ モーターショー2015


ダサくない?

なぜこの手の車は格好いいスポーティーなデザインに作らないのだろうか。
まぁプリウスの出始めも、インサイトの見た目も初見は酷いもんだった気がするけど。。。←酷い。
見慣れた、ともいうのか。


つづきまして。
ダイハツ
ダイハツ モーターショー2015
バリアフリーにも程があるだろ・・・。
雨の日浸水しないのかな、とかどうしようもないところが気になる。。。

つづきまして。

concept GSX
なんていうからスズキさんの最新作か?!とちょっと期待したのに。

『オブジェを展示』と事前情報。


オブジェ・・・。
スズキ concept GSX まゆ モーターショー2015
オブジェ・・・。

・・・いっそ展示しなくてもよかったんじゃないの?と言いたくもなります。



一方のヤマハさん。
YAMAHAの人型ロボット。  モーターショー2015
ヤマハが何か作ってるっ!!

怖いよぅ・・・
バイクじゃなくて、上に乗ってる人型ロボット(←ドラえもんと一緒か)。
将来的にはロッシとのバトルが出来るのが目標、みたいに書いてありました。
怖いよう・・・こんなの走ってきたら怖い。

まだまだ続くヤマハワールド。
YAMAHAの3輪  モーターショー2015
ヤマハの3輪車。
YAMAHAの車  モーターショー2015
ヤマハのくるま。
YAMAHA の。 モーターショー2015
これは・・・実物結構格好よかったんだけど・・・
どうやって乗るの???

自由だな・・・さすがピアノとバイクと発電機を作るメーカーだぜ・・・


こちらも近未来の車として展示されていましたが
モーターショー2015
最終形態はロボット化して立ち上がるらしい・・・(※手前ショーケース内)


ベンツも丸っこいの。
ベンツの。 モーターショー2015
今回、自動運転や水素エネルギーなど出ていましたが、
くるまはどこへむかうんでしょうか・・・

テーマ:東京モーターショー - ジャンル:車・バイク

東京モーターショー 2015① 王道の赤編

今年もやってまいりました、

人ごみへ。
人がゴミのよう・・・  モーターショー2015
モーターショーでございます。
前回は”東京開催!”と盛り上がっていましたが、
今回は見事にTVで事前に取り上げられることもなく。

まぁいいの・・・
どうせ我が家が見る箇所はメディアなんかに取り上げられたりしないんだから・・・


今回は本当に四輪も二輪も特に目玉がなかったなー。
前評判も特になかったので、我が家にしては珍しく、幅広く王道なモノを見てきました。
NSX  モーターショー2015
NSX。
これだけが事前に知ってた情報です。
いい色ですね~


そしてコレ。
直前に『モーターショー本』に出ていたコレは絶対生で見たかった!
ふそう モーターショー2015
ふそうのコイツ。
なんていうかもう、マンガ・アニメに出てきそうだよ―――。
サイコパスや攻殻機動隊にこんなのいなかったっけ、くらいの感じ。


そして真の二次元はこれだ。
ニッサン、グランツーリスモ。
グランツーリスモ  モーターショー2015
目の前にあるのに、実物じゃないみたいでした(笑)。
この怪しげな色もまた不思議。
グランツーリスモ  モーターショー2015
走れるのかな・・・。

なぜか赤ばかり。
マツダ、RXシリーズ。
RX モーターショー2015
果たして売るのか?売る気はあるのか?ともいわれているそうですが。
これまたしっぶい赤ですね。

トヨタは赤いプリウスもいたのですが。
トヨタの黄色いの。 モーターショー2015

あえての黄色。

ものすごく、のぺーーーっとしてました。
スタイリッシュなスポーツカーたちに混ざってここだけ平和、みたいな。


昼ごろはどこも人ごみで凄かったヤツラです。

夕方まで居たらかなり空いて、一台一台ちゃんと見られました。
夕方からチケットでも十分だなぁ・・・。


②へつづく。

テーマ:東京モーターショー - ジャンル:車・バイク

MOTO GP 2015、第17戦 マレーシアGP

ペドロサ好調が継続だー

ポールポジションにペドロサ、続いてマルケスとホンダ勢。
3番目がロッシ、4番手にロレンソ。

と、この4台が結局前にきましたね。

スタート。
ペドロサ、マルケスがよいスタート。
ロレンソは埋もれた、けど。

いやぁ、のびのびのホンダ2台と比べ、緊張感いっぱいのヤマハ勢の、

 絶対に転んではいけないレース。

ロレンソ来たー。ロッシの前に出た!
止まれる?けども、ロッシのほうが大事を取って距離を取った気がする。
このレース、ロッシがかなーーり慎重というかナイーブな印象を受けた。

イアンノーネ、マシントラブルでリタイア。
最近好調だったので残念。


先頭からペドロサ、マルケス、ロレンソ、ロッシ。
だが。

マルケス、ラインをはずす!
その間にロレンソが前へ。
あぁ・・・これでまたロッシ的に マルケス、簡単に抜かせるなよ、という感じになるじゃんね。

マルケス、とんでもなくスライドしているんですよね、この時点で。
あまりペースも上がらないし、曲がりきれなそうなことも度々。
真後ろを行くロッシは、出来れば絡みたくなさそう。。。

だが。

すんなり抜かせてくれないマルケス。

ハラハラハラハラ・・・ぶつけられたくないロッシの緊張感が半端ない。
止まれない、ペース上げられないなら行かせてよーーー、←ロッシ感。
容赦なく突っ込むマルケス。

チョーーー当たってるぞっ。
当たっても転ばないもんなんですね・・・
マシンが、っていうより体が当たってるのかな。

うぅん。
だってポイント争いに関係無いマルケスは、このレース勝つかどうかだから


『転倒も辞さない』。

一方のロッシは『絶対に転んではいけない』なわけじゃないですか。
強引にいけば大事を取って譲らざる得ないってものちょっと不本意なレース展開。

果敢に攻めるマルケス。
怖い、怖すぎる。


何度か抜きつ抜かれつ。
ロッシがちょっと前に出て、アウトからマルケスが抜いてきたところ、


ああああああああ マルケス転んだーーー


外側に振ったロッシに引っ掛けられた。
一度ロッシ、振り向いたんですよね。で、一回スローダウンしたので、
観ているこっちとしては、こりゃ一回マルケス行かせようとでも思ったのかな~、と思ったのですが。
すっ転んだあと、

 あれ?転んだ?あいつ転んじゃった???

みたいな振り向き方してましたしね(笑)。

が。

本来なら曲がり始めるところで外に膨らんでスローダウン。
これから曲がろうっていうマルケスを故意に引っ掛けた?という感じ。
しかもちょっと左足蹴ってた?
いやいやいや、きっとあたりそうになった挟まりそうになったから跳ね除けたんだよぉぉぉぉぉ。←現実逃避。


マルケス、呆然。

その場では怒っているような姿は映っていませんでしたからね。
自分でもそれまでの攻めっぷりに反省はあったのか、
まさかそんな事されるとは・・・っていう呆然だったのか。。。


さて、そんな間にペドロサとロレンソとの差も開いて。
一体いつどう開いたんだろーー、そのまま好調を保っているペドロサ。

単独でペドロサ、2位ロレンソ、そして3位にロッシ。

7位、8位にビニャーレスとアレイシー・エスパルガロのスズキ2台。
ビニャーレスって初MOTO GPでいきなりスズキに乗っちゃってるんですもんね、
開発途中のスズキさんに。
それで上位を走ってるってすごい。


さて。ペドロサがしっかりと1位です♪
ロレンソ、ロッシと来てスミス4位♪

ですが。
今回の3位は3位のまま、
次回最終戦はロッシは最後尾からのスタートですって。

うむむむ・・・
流石に最後尾からは厳しいよな、とは思うんだけど、
ロレンソも1位になれるとは限らないしね。
ロッシが首位争いに絡めずとも10位以内くらいに入ってくるだろうし、
ロレンソの順位次第ではわからないな。



どっちか、もしくは両方がスっ転ぶかもしれないしね!!

それにしてもやってしまった、ロッシ。
マルケスだったら引かずに来ちゃうだろ、っていい加減わかってそうでもありますが。

よく考えたらマルケスはMOTO GPに上がってきて以来、
2年とも自分がポイントリーダーだし自分が優勝争いしていたから、
他のライダーが優勝争いしている状況って、いままでないんですよねー。

まして一度は「終わった」といわれたロッシが優勝出来るかもしれないって時に。

ふふふん、ホンダの申し子で育ってきて、2年連続チャンピオンで来てしまったマルケス。
ここでダメだったらもうダメかもしれない、36歳のオジサンの執念や本気度なんてゼンゼン想像つかないだろう(笑)。




後味の悪いレースの中で、

笑顔満載で優勝したペドロサに癒される(笑)。

そしてロレンソのウハウハが止まらないぜwww
7ポイント差だが、次戦はロッシは最後尾スタート。
これが普通のスタートだったら、ロッシが転ばない限り厳しいと思うところなんですが。

なんだかんだで面白くしてくれたのはマルケス♪(笑)。

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク


プロフィール

結

Author:結
・生息地:東京の山奥
・職業:お気楽Web系兼業主婦
・愛機:HONDA FTR223

バイクに乗るよりいじりたい旦那と
結婚し、勢いで建ててしまった
”マイホーム付ガレージ”。
・旦那の愛人一号、
 スズキさんGRX-R750と、
 旦那の愛人二号、
 ホンダさんXR250と同居中。
住居人数より多いエンジンの数。
リビングより広いガレージ&作業部屋。

・愛車:N-BOX ロッソ購入。

◆只今◆
旦那、スズキさん、乗らずに愛でる。
たまにホンダさんと林道オフロードデート。

妻、近頃は助手席専門。
16年連れ添った愛車Vitzとお別れす(;;)
今年こそはバイクでどこでも
行ける人になりたい。

カテゴリ
最新コメント
グーバーウォーク

ブログランキング
リンク
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。