In LoveGarage DIARY

旦那の熱愛ガレージライフと妻のへっぽこバイク日記。

Welcome to ・・・

ガレージがほぼ5割を占めるマイホームで繰り広げられる
旦那の熱愛ガレージライフと、妻のへっぽこバイク日記。
はじめての方は←左メニューの『はじめに』からお読みください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトGO。

MOTO GP」って打とうとしたら




 MOTO GO

って打ち間違え、ポケモンGOみたいになってる・・・。

うん、もし仮にMOTO GOだとすると、
やっぱり捕まえるのはMOTO GPライダー?
皆さん、時速200~300kmで移動するライダーたちを絶対に捕まえられない・・・、どころか事故る。
たまーーーに休んでいるところを奇襲するしかないゲームになるね、これ。
てか、ヨーロッパにしか居ない。。。

いや、日本だったらHONDAとかYAMAHAとかSUZUKIにも居るハズ!



・・・ダメだ、これ以上広がらない。
スポンサーサイト

テーマ:バイクのある生活 - ジャンル:車・バイク

作業台はあの赤。

旦那がガレージから呼ぶ。
作業台を作っていたのは知っているよ・・・


「見る?見る?゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・」

まだ途中じゃないか。
DIY 作業台

グラグラする~、と言っていたけど、4本足付けたら追いついたらしい。

「写真撮る?撮る?゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・」



仕方ないので優しい妻は写真に収めてこうしてブログを書いてあげました。。。
完成体はこちら。
DIY 作業台
上はフローリング材ですね。
人が乗っても大丈夫☆
下にはエアコンプレッサが入っています。


DIY 作業台
そしてこの足の色ですね。
工具箱でおなじみの赤ですね、左のIKEAの引き出しも赤です。
ちゃんと塗装もしたそうです・・・、




赤Vitzの残った塗料だよ~~~。ヽ(Д`゚○)ノ゚。ワーン


昨年末廃車と化したVitzと同じ、、Vitzと同じ。。。(´Д⊂グスン

テーマ:ガレージのある暮らし・・ - ジャンル:車・バイク

MOTO GP 2016、第9戦 ドイツGP

一ヶ月近く空いてしまいました。。。
観てたんだけど、観てたんだけど別のことに気を取られててまして。

さて。前半最後のドイツGP、イマサラ感想です。



 雨 だ 。

MOTO2、中上が序盤トップを走ってましたね~。
もうこの位置で走るのもだいぶ安心して観られる感じ。

しかし雨だ。
先頭を走っていて転倒。
あわわわ・・・、ペースが良かっただけに残念。

トップ陣もゼンゼン転んで行くし。
中上も最終的にはゴールして11位?ポイント獲得です。
なんかこういうフォローもそつなくこなしますよね、急に大人になったって気がする!(笑)

そんなMOTO2で結構ウェット路面。MOTO GPはどうなるんだ~


ポールポジションはマルケス。
そのあとをバルベラ、ロッシ、ペトルッチ・・・

来た!雨の日のペトルッチ来た!!!←妙な期待。

ここまで極端に雨の日だけ上位に来るペトルッチ。
何かあるんでしょうね、得意な理由が。

スタート。
マルケス、ロッシ、ペトルッチ、ドヴィチオーゾ。

もう雨の日ロレンソが来ないことは必然ですから、このメンバーが普通かもしれない。。。

先頭4台が入れ替わり立ち代わり・・・
が。

CM開けたらペトルッチが先頭に立ってた・・・。

強すぎるよ、ペトルッチ!


と思ったら


 先頭で転倒!!(ToT)

そしてコースアウト、マルケス!

すっごいところ、しかも雨上がりの土を巻き上げているのに転ばないでコースに復帰。
マルケスの身体能力素晴らしすぎるでしょ、これ。



荒れてきた、荒れてきた。
ちょいちょい路面が乾いてきたところです。

ドヴィチオーゾ、ロッシがトップ争いで、続いてミラーとバルベラ。
ミラーも安定してここ走れるのか・・・。
マルケスは9位?くらいに復帰。

マルケス、残り13周でピットイン。
ドライタイヤに乗り換え!このタイミングで。
結構まだまだ濡れているんですが、この遅れを取り戻すには攻めていこうってところでしょうか。

ドヴィチオーゾが先頭を行く。
少し空いてロッシを先頭に2位集団。

ただただ、レインタイヤはかなりボロボロしてきました。
ピットが慌ただしく、ドライタイヤのマシン準備し始めますね。


さぁ。。。
まだ濡れているけど。どこで乗り換えるか・・・。

残り11周。
続々と後方のライダーはサッサとピットイン。
いち早く履き替えたマルケスがファステスト出してくるし。なんと差は4秒。

先頭の5台、ドヴィチオーゾ、ロッシ、バルベラ、クラッチロウ、ミラー。
争い激しくピットをスルー。
ピットのほうは入って来い、って出てるけど入らないライダー・・・、
これ、後で揉めないの???

マルケスが後ろからドンドンドンドン抜き去る。すっごい相対速度ですよ!
ロレンソさえもサーーーっと抜き去ってましたからね。
ワークス同士でもこんな速さか。
このスピードで濡れた路面乗ったらアウトですよね・・・、集中力すごいですよね。

残り7周、ミラー以外がピットインして乗り換え。
さぁ、そのまま先頭になったミラーはどこまで粘れるのか・・・

まだ7周あるからね。。。
そう言ってる間にも2位にマルケスいるじゃないですか。

このままミラー優勝でもミラクルだし、マルケスが来てもそれはそれで大逆転・・・


キターーーーっ。マルケスっ!

ミラーにどんどん迫る。
と思ったらサッサと抜き去った・・・マジか、ぉぃマジか。

残り6周でマルケス先頭ですよ、そしてどんどん先へ行く。
ロッシはピットイン後の合流で出遅れた感じ。
そしてミラーもピットイン。


あれ。
マルケス、続いてレディング。確かレディングも前に雨の日表彰台乗ったんですよね。
乗り換え判断イイのかしらね。

3位はドヴィチオーゾ、クラッチロウの争い。

おぉ、久しぶりのこの2台の組み合わせじゃないですか!
それにしてもクラッチロウ、最終LAP2位で入った途端にすッ転んだりするコですからね。
しかしまぁ、明らかにクラッチロウのほうがペースが速い。
仕掛けていくけど・・・ドキドキ、ハラハラ、ドキドキ。

何せ今シーズンの最終戦までドヴィチオーゾ突っ込まれちゃったら可哀想過ぎますからね、
4位でもいいからゴールさせてあげてくれ。。。

慎重派ドヴィチオーゾの前にクラッチロウが出る。
失う物のないクラッチロウ(笑)、ガンガンプッシュ!2位を行くレディングに迫る。
速いな・・・クラッチロウのガンガン行こうぜ!ペースが速いです。

マルケスが先頭でゴール☆

もうさ、実力もだし才能もだしチーム力も技術もなんだけどさ、やっぱりスターって強運と思い知らされるレースでした・・・。

そして無事にクラッチロウは2位でフィニッシュ!よかったよかった。
3位はレディングをかわしてドヴィチオーゾ。よかったね!ドヴィチオーゾ!

久しぶりにカオスで異次元なマルケスが観られましたねっ。


実は先にマルケス優勝の結果を知っていた旦那。
でもコースアウトした時、「ここからどうやって優勝すんの???」と思ったらしい。

アレはコースアウトしたタイミングが良かったですよね。
もし先頭争いをしていたら、そのまま一緒に数周ピットインのタイミングを逃していたと思う。
運も味方につけるとはこの事だ。

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク

雨なのに。

気分転換に付き合わされたひと。

気持ちよかった~


小雨がパラパラする程度で、
傘をさしていない人もいっぱい。
路面も乾いていたし、
そろそろ止む気配。

音楽を聴いていたらテンションあがっちゃったんですよね~


濡れてもいいっ!って前提でひょいっと出発。


ひゃほ~~~ヽ(・∀・)ノ


自由度高いな・・・

メットの中は大音量カラオケ状態です。
走っている間は大声出してもどうせ聴こえない、聴こえない。


ぐるっと多摩川沿いを一周。
いやぁ、濡れても寒くない夏最高☆
気持ちよかったです。

さすがに60km/h越えると雨がビシビシッ
唯一露出している喉が痛い…

小雨には変わらないが、前面は余すとこなくしっとり




・・・びしょ濡れじゃんか


と若干怒っている気がする。

MOTO GP 2016、第8戦 オランダGP

アップするの忘れてた

ですにゃ。


MOTO 2、中上が優勝したーーー

残念ながら残り2周を残して、雨のためレッドフラッグでレース終了チェッカーフラッグ見られなかったよ。
「残念ながら」なのか、「助かった」なのか微妙なところですが。

先頭に出た後、後続からもリードを広げていたけど、雨が強まってペースダウン。
2位に追い上げてきたザルコが速っいし。←速く見えただけ?

先頭の中上は、観ていると転ばないかミスらないかドッキドキ
なのに。
何故かザルコは転びそうもなく安定して観える不思議(笑)。

 同じ雨の中 走っているのにねー。

なんにせよおめでとうおめでとう。


そしてMOTO GP。
MOTO 2時点で結構な雨だったから、当然ながら結構な雨でスタート。

予選1位はドヴィチオーゾ。
つづいてロッシ、ペトルッチ、レディング・・・。なんだこのメンバーは。

 雨に強すぎるペトルッチ。謎。

ロレンソが雨レースで前に出てこないのも定着してきちゃったな・・・
タイヤが、とか雨が、路面が・・・と何かと神経質なイメージ、ロレンソ。


周回を重ねても、先頭集団はドヴィチオーゾ、ロッシ、レディング、ぺトルッチ。


雨足強まる。

や~、前が見にくそうっっ。
そんな中、


なぜかグイグイ来るペトルッチ。


ロッシまでもかわし、先頭にっ。
先頭にペトルッチがっ。

ロッシは慎重に進めるしかないよね・・・
抜かれる時も、あまり無理しない。
普段横に並ばないレディングやペトルッチがどんな攻め方してくるかわからん。
ガンガンくるペトルッチたちを先にいかせてロッシは4番手に。


大変!


 ドゥカティの1,2,3フィニッシュが見えるっ!!

中上優勝どころじゃない一大事なんですけどっ。

・・・しかも何故かイアンノーネではなくレディングとペトルッチだからね。
今日もイアンノーネ、スッ転んでいたね。


なんとなくドゥカティのマシンはHONDA、YAMAHAみたいに”物凄く軽量”ってイメージがなくて、ドドーンと重みありそうな、しかも直線速いしパワーあるイメージなんですよね。
・・・それが雨の日安定走行に繋がっているんでしょうか。

ガンガンいくドゥカティ勢。
しかし、レッドフラッグ。ここで雨のため中断。
なんてこったい。
ほぼ優勝間違えなしだったペトルッチが可哀相だ・・・


再スタート後も似たような上位メンバーだったんだけど。ペトルッチ、マシントラブルでリタイア。ああ可哀想だ。


そしてドヴィチオーゾ転倒。
まぁ仕方ない。
あぁ、ロッシの後ろがマルケスになってしまった ドキドキ…
しかしドヴィチオーゾの転倒後、マルケスはちょっと抑えた気がする。
表彰台圏内のままゴールすることを優先にしたっぽい。

あーーーーっ。ロッシ転倒。
まさかの。
2位マルケスとも差は結構あったのですが。
転倒リタイア、悔やまれる~。

さて。


・・・マルケスの後ろはミラーだ。
大変、このままだとミラーが表彰台に乗ってしまう(笑・褒めてる)。


しかもガンガンくるミラー。

マルケスは慎重でしたね、でももともとリア滑ってる走りだからドキドキ・・・危なっかしい。
一方ミラー、ガンガンくるけど何でそんなに設置感いいの?

マルケス抜いた。

無理をしないマルケス。

CM明けたらミラーが独走してるじゃないですかっ。
しかも路面も乾いている晴れてきたーーー。

いい天気ですね マルケス越しに広がる青空。

もう残り僅か。
出来ることなら、マルケス VS ミラー でガシガシとバトって欲しかった、
お互い容赦なく直進!タイプ者同士で。
残念ながらマルケス、安全圏。



ミラーが優勝してしまう!(笑)


最後の最後まで、とくに危なげなく。
そこはさすが、MOTO 3で何度も優勝飾ったことがあるミラーだよ。

ミラーがゴール。

わーーーwww 雨レース凄いっ。 

しかし、あとから知りましたが、ワークス以外の、いわばHONDA・YAMAHAの計4台以外で優勝って何年ぶり?の快挙だったんですね。ここ数年でロレンソ、マルケス、ロッシ、ペドロサしか優勝していなかったっていうのも凄い。
※追記:サテライトチームのライダーとしては、2006年10月ぶり優勝だそうです。

中上優勝どころじゃない一大事なんですけどっ!



マルケス2位、続いてレディング、
4位にポル・エスパルガロ。
5位は再スタート前にすっ転んでいたイアンノーネ、もっとも再スタートの恩恵を受けたともいえる。てか丈夫だよね、イアンノーネ。


そもそも。いつからミラーは上位に喰い込んで?…と思ったけど。
もともと10位以内にいたんですね。
レッドフラッグで中断後も6位とか。
それで前がバタバタ転倒していって、残ったのが前からマルケス・レディング・ミラーの3人。
順位はともかく、表彰台がこの3人だったのは当然っちゃあ当然の流れでした。

そんなことよりロレンソだよ。
ズルズルっと、特に転倒やトラブルって話もないまま、ほとんど画面に映らないまま10位って。
雨嫌いすぎぃ。


スペイン語の衝撃。

MOTO GPはヨーロッパでは大人気、中でもスペインはGPが4回もあるわけですよ。
ライダーもスペイン人が多いし、スペイン語ってどんな?

母音が「アイウエオ」だから日本人には向いている、と聞いた。


スペイン語の初歩の初歩の本を読んでいたら、


『アルファベットA~Zの26文字に、

   ñ(ニャ)を加えた27文字で表します』






 にゃーーー?!



もうもう、それだけでスペイン語好きになりそうですにゃ。
(ちなみに何故か脳裏には、


「にゃ。」って言ってるペドロサ

が浮かんだ。)

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク

MOTO GP 2016、第7戦 カタルーニャGP



 サロムがしんじゃった(´;ω;`)

MOTO2なのでどんなライダーかは知らないのですが、
ちょいちょい名前が出ていて表彰台にも度々乗っていた、よく聞く名前だっただけにショック。


さてMOTO GP。
予選先頭はマルケスだったんですね←毎度スタートはそんなに抜き出て来ないから、正直それほど重視してない。
ポールポジション獲るってことは調子がいいハズ。ポール・トウ・ウィンも多い気がするし。

スタート。
案の定、トップに立ったのはロレンソ。
でもマルケスも2番手だからほとほどよかったのかも?

続いてペドロサ、イアンノーネ、ビニャーレス、でロッシかな。


ロッシが早々にイアンノーネとビニャーレスの前に出た。ロッシの設置感が凄い。
ガチガチの足回りの車みたい・・・


一方、やっぱり今年のHONDAはイマイチパワー不足?立ち上がり、ここから加速・・・と思ったように伸びてこない。
なんだか気の毒。
何度もビニャーレスがペドロサに迫るんだけども、淡々と防ぐペドロサ~
そのうちビニャーレスがラインを外して離れていきましたが…

先頭のロレンソ逃げる、
そのうしろでロッシがマルケスを抜いて2位に浮上。
マルケスにしてはすんなり一度で抜かれてって、即抜き返そうとはしてなかったですね。
まだ周回も多いし、ここでガチバトルしたら後半タイヤ持ちそうにないしね。。。

それにしてもマルケスのリア滑らせっぷりは凄い・・・それは周回が少なくても関係ないのか。


と、ロッシがロレンソも抜いたー。
どんどん差をつけそうな勢い。
先頭ロッシ、ロレンソ、マルケス、ペドロサ、ビニャーレス、イアンノーネ。


そのうちロレンソはマルケスにも抜かれて3位落ち。

ロレンソ、今日は逃げ切りパターンでいけなかったね~。
その後ペドロサにも抜かれる。ズルズルしてきたロレンソ、そしてうしろにイアンノーネ。


  うしろにイアンノーネ・・・



あああああああー!!


イアンノーネのミサイル化がとまらない。。。

左のイン側でイアンノーネがとまれないっ!ってなっているところに、
ちょうどコーナーに差し掛かかって左にバンクして倒し込んできたロレンソ。。。


 2台とも転倒リタイア。

このロレンソは気の毒でした。
もうちょっと速ければ逃げ切れたかも知れない、遅ければ気付いたかも知れないのに。
よくもタイミングぴったりにそこに居ちゃったもんだ。


2位になったマルケスはロッシを追いかけるペースでセッセと周回を重ね、


ホームストレートでマルケスきたーーー!
外から抑えるロッシ。

さらに一周してきて、同じところで再びマルケスが!

今度は前に出た。
ロッシはすぐには抜き返さず・・・

残り2周のホームストレート、今度はロッシがっ!


うまいよなぁ…

抜いてからマルケスに確実な差をつけていく~
当然、マルケスは最終LAPの同じストレートで同じこと出来るハズだったんですよね。
そうなる前にガンガンと距離を取っていく。
たぶん、ロッシはマルケスがコース前半は速くないとわかっていたような。
ホームストレートの時点でスリップに入れるどころじゃない、結構な差がついてました。


というかロッシの走りがガッチリ。
なんだ、この重厚感は。
転びそうな気配とかないよねぇ・・・安定的に速いし。

マルケスの、不安定で路面が掴めてない感じと対称的でしたね。
HONDA車の伸びイマイチ…の中で、それでもマルケス大健闘だなぁ。

もうちょっとHONDA勢が、万全な感じで挑めると面白くなりそうなんですけどねー。

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク


プロフィール

結

Author:結
・生息地:東京の山奥
・職業:お気楽Web系兼業主婦
・愛機:HONDA FTR223

バイクに乗るよりいじりたい旦那と
結婚し、勢いで建ててしまった
”マイホーム付ガレージ”。
・旦那の愛人一号、
 スズキさんGRX-R750と、
 旦那の愛人二号、
 ホンダさんXR250と同居中。
住居人数より多いエンジンの数。
リビングより広いガレージ&作業部屋。

・愛車:N-BOX ロッソ購入。

◆只今◆
旦那、スズキさん、乗らずに愛でる。
たまにホンダさんと林道オフロードデート。

妻、近頃は助手席専門。
16年連れ添った愛車Vitzとお別れす(;;)
今年こそはバイクでどこでも
行ける人になりたい。

カテゴリ
最新コメント
グーバーウォーク

ブログランキング
リンク
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。